Q.魂のレベルの幸せとは具体的にどういう幸せなんでしょうか?

魂のレベルの幸せとは具体的にどういう幸せなんでしょうか?すごく難しい質問かもしれませんが・・・。
あと、魂の目指す生き方というのは人それぞれ違うものだと思いますがどんな人でも、幸せになるために生きていると考えていいのでしょうか?
中には魂が、辛い出来事ばかり選ぶようにプログラムされている場合もあるのでは!?と思ってしまったのです。
ステラ流の見解を教えていただければ幸いです。


A.きっと、誰でも感じた事のある、『あの感じ』がそうだと思います。

魂は、目に見えないだけで、私たちの本質そのものです。人間は魂が肉体の鎧を着ているようなものなのです。
ですから、当然成長をするわけです。
そのために人間として(あるいは生物として)3次元の世界に生まれて来ているのです。
そして人間は、誰でも生まれて来る前に生きる目標(テーマ)を決めて来ます。「この人生では、ここまで成長しよう」という目標を、です。
それは多分、具体的な事象としてではなく、抽象的な精神的な事柄です。
目標を達成するには、困難や障害があり、それを克服するためには努力が必要です。
その努力を辛さや苦しみに感じる場合もあります。でも、そこを通らなければ、目標に達することはできませんね。
ある意味で、それは『修行』だからです。
私たちは、目標に達するためにどんな修行をするか、そのシナリオもある程度決めてから生まれて来ているのです。

ですから、その目標が大きければ大きいほど、修行も苦しく辛くなります。
いっちゃんさんのおっしゃる通り、魂が辛い出来事ばかりを体験する事を選んで生まれてくる方もいらっしゃると思います。

ところで、ご自分が克服した、過去の『辛い出来事』を思い出してみてください。
『辛い出来事』は、いつでも見事なまでに『自分の弱点』を突いて来ますよね?
ここのところが大切なのだと思います。
魂が高いところにジャンプアップしようとすればするほど、弱点があっては困るわけです。
『辛い出来事』とは、『弱点を自覚して克服する』ためのシナリオに他ならないと思うんです。即ち『修行』です。
この『弱点の自覚→克服』を繰り返す事こそ、大きな目標のために小さな目標を達成している過程そのものなのだと思います。

そして、多分私だけではないと思うのですが、困難を克服した時には穏やかな気持ちになりますよね?
『幸せの絶頂』とは思えなくても、とても穏やかで、どこかスッキリした幸福感を感じます。
つまり、自分の弱点を自覚し、それを克服したので、そう感じるのだと思います。
そして、克服したことによって、広がりを感じられる…『あの苦しみがあったから今の私の幸せがある』と、穏やかだけどかみしめるようにそう思えることがあります。
『魂レベルの幸せ』とは、この感じではないでしょうか。
よく出す恋愛の例で言えば、『あの時苦しかったけどAさんときっぱり別れたから、Bさんと出会ってすんなり付き合えて、今のこの幸せがあるんだ』と思えるような、『あの感じ』のことではないか、と思うのです。

ですから、どんな人でも、幸せになるために生きていると考えていいのです。
ただ、それはもちろん『現象としての幸せ』ではありません。あくまでも、魂がそう感じるかどうかなのです。
今回の人間としての生の最後の時に『あの感じ』を感じられるかどうかが問題なのでは?と思います。

もし私たちが目標もシナリオも忘れていなかったら、どんなにか生きるのが楽でしょうね。
でも、残念ながら、私たちはそれらを、ほぼすっかり忘れてしまっています。
もっとも、シナリオを覚えていたのでは修行になりません。
でも、実はホロスコープにはその目的や予定している道筋が記録されているのです。(これについては「Terra☆質問箱」のQ7Q9の回答にも述べていますので、ご参照ください)
この「目標」、あるいは「シナリオ」を読むことが、ホロスコープを解読する事と言えるのです。
ただ、Q12でもお答えしました通り、それは具体的な事象としては示されていません。判るのは、ある時期に試練を受けるか、可能性を広げられるか、などです。
そしてそれが愛情問題についてなのか、仕事についてなのか、健康についてなのか…などが判る程度ですけれども。


いっちゃんさんからは次の感想をいただきました。
今回もなるほど〜と思いながら読ませていただきました。
お返事をいただくたびに奥が深いなあと色々考えさせられます。

今まで、占いというと、もっと神がかりというか、霊的というか、とらえどころのないところから答えを導いてくるようなものというイメージがありました。
だけど、そうじゃないんですよね。
どこのお店が、というよりは西洋占星学が、といったほうが正しいのかもしれませんが。
先生のお話を読んでいると、西洋占星学が学問という分類に入るのもわかるような気がします。

みんな幸せになりたいと無意識に願って生きていると思うし、もちろん、私もそうだと思います。
自分ががんばればなんとかできることはたくさんあると思いますが、人生の中には、自分の努力ではどうしようもできないことやがんばれるパワーが不足していているときもあると思います。
そいういうときに自分のすすむべき道=幸せになる道が少しでも見えていたら、前向きになれるような気がします。
前にすすむきっかけをくれるというか・・・。
西洋占星学はそういう生きるヒントを与えてくれる存在なんだろうなあと思いました。